主な葬儀内容と習慣

ダンボールを運ぶ

これまでの歴史を振り返る

葬儀がいつ頃からあるのか、遡ってみると、なんと遥か昔の5万年や6万年前から原型となるものがあったと言われています。 これは遺跡から発見されたもので、場所はイラク方面にあるシャニダール遺跡です。 この頃から、死を悼むという気持ちから死者を弔う習慣があったのですね。 葬儀は、世界の各地でその土地で根付いて発展したものがあります。 日本もまた、独自の発展を遂げてきました。 過去の記録から確認出来るものでは、日本で行われた初期の葬儀というのは、約8日を使って葬儀が行われたとされています。 初期の葬儀として残っている記録は、位が高い人だったので、それだけ盛大に行われたのかもしれません。 日本でもまた、数日間という長い時間を使って、死を悼み弔う気持ちで葬儀が行われたのですね。

これからの葬儀は、さらに多様に

葬儀は、どの様式を選ぶかによって、内容がきちんと決められています。 日本で一番多い様式は仏式ですが、仏式もまたこれまでの歴史で積み重ねられた手順というものがあります。 これらは、これからも大切に守られていくでしょう。 ただし、葬儀の世界にも多様化が見られます。 葬儀を仏式やキリスト教式といったこれまでの様式に関わらず、自分の決めたスタイルで行うようになってきたのです。 これまで、葬儀といえば遺族が手配をして執り行うのが一般的でした。しかし、現在は終活という言葉があるように、自分の死後、どのように弔って欲しいかを決めている方も非常に多いものです。 ある意味、最後まで自分らしく、という考え方が広まっているものであり、これにより今後ますます多様化していくと考えられます。

注目の記事